· 

【速報】2018年の試験科目の追加・実施方法等の変更発表

追記:2018年5月28日

  号外!号外!号外だよ!!平成30年の通訳案内士試験の科目追加に関する資料が観光庁より発表!3月末には試験実施機関であるJNTOより、試験全体の出題範囲、問題数、合格基準などが詳細に発表されました!観光庁とJNTO、どちらも今年の通訳案内士試験を攻略するうえで、必ず目を通しておかなければならない重要な資料です。是非ご覧ください!(右上の をクリックすると拡大します)

2月観光庁発表:通訳案内士試験制度の見直し

3月末JNTO発表:通訳案内士試験ガイドライン


平成30年度は通訳案内士試験が大きく変わる!

1次試験の新科目「通訳案内の実務」

 平成30年度から1次試験に従来の「外国語」「日本地理」「日本歴史」「一般常識」に加え、これまでの科目と一線を画す「通訳案内の実務」という科目が追加となります。観光庁の発表資料とガイドラインの要旨を踏まえると、頭に叩き込まなければならない3つの知識はこちら。

  1. 旅程の管理に関する基礎的な項目・関連法令に関する基本的な知識
  2. 危機管理・災害発生時における適切な対応
  3. 外国人ごとの生活文化への対応等

 1は旅行業法旅程管理に関する知識、2はガイドでの実際の現場対応、そして3はハラルやコーシャに代表される食事制限や消費動向の統計などが問われそうです。解答の為の知識は多岐に渡りますね。1次試験まで残り数か月。一刻も早い対策がも取られそうです。

 TJSの夏季集中講座に駆け込む!

2次試験の出題形式も大きく変化!

 出題が変わるのは1次試験だけではありません!なんと、2次試験にも少し変化が出そうです。

試験時間・合格基準点について

 試験時間は従来通り、10分間で行われます。こちらは大きく変更点はないようですね。

 合格基準点がこれまでは6割とされていたものが平成30年度からは7割に引き上げられます。今年度通訳案内士試験を受験される方は1次試験を受ける前から周到に準備を積んでいくことが求められます。

扱われる問題について

2次試験は長い間、以下の3本柱で成り立ってきました。

  1. 試験官が読み上げる日本語を外国語へ通訳する1分間の「通訳問題」
  2. 提示される3つの日本文化のテーマから受験者が1つを選び、外国語での2分間の「プレゼンテーション問題」
  3. 発表テーマやガイドに関する姿勢・知識について試験官と外国語での「質疑応答」

これらの内、1.に特に大きな変化が見られます。

 

改正前: 試験官が読み上げる日本語を外国語へ通訳する1分間の通訳問題

改正後: 通訳案内の現場で必要となる知識等に関する外国語訳及び通訳案内士として求められる対応に関する質疑

 

 「通訳」という用語が使われなくなったのが印象的ですね。後半部分に添えられている「通訳案内士として求められる対応に関する質疑」という文言も踏まえると、必ずしも正確に与えられた日本語を訳すというよりはガイドとしての適切な英語の使用が求められているのかもしれません。

頼みの綱の科目免除も難化の傾向に

英語科目の免除の引き上げ

更に、更に!これまで多くの英語受験者が頼みの綱にしてきたTOEIC免除についても、免除基準が以下のように引き上げられる事が発表されました!

 

○TOEIC公開テスト(L&R)

現行)840点以上→(改正後)900点以上

○TOEICスピーキングテスト

(現行)150点以上→(改正後)160点以上

○TOEICライティングテスト

(現行)160点以上→(改正後)170点以上


さらにこれらは、全て試験日より1年以内に取得したものに限られるそうです。
英検1級は変わらず永久免除のままのようですね。

社会科目の免除の変更点

その他の科目免除についても期限が設けられたり、変更が発表されました。

○日本歴史
(改正後)センター試験日本史B 60点以上(試験日より5年以内に取得)
○一般常識
(改正後)センター試験現代社会 80点以上(試験日より5年以内に取得)


今からの対策で合格にこぎつけるなら夏季集中講座!

2017年夏季集中講座の様子
2017年夏季集中講座の様子

 これで今年も通訳案内士試験に必要の情報のピースは出揃いました。いかがですか?「この資格、絶対に欲しい!」「全国通訳案内士として活躍したい!」そんな思いをもって頂けたでしょうか?

 ここで少し、試験への熱意が芽生えた方へ、True Japan School東京校の夏季集中講座について宣伝をさせてください。True Japan Schoolの夏季集中講座は7月の土日を利用して、すべての1次試験科目対策を行います。

 お仕事がお忙しい方々から、「直前のこの講座で救われた!」毎年多くのご好評を頂いています。受講料も他の講座に比べて、ご受講しやすい価格で販売しています。今年はTrue Japan Schoolと一緒に1次試験突破を目指してみませんか?