通訳案内の実務対策講座

通訳案内士試験の通訳案内の実務ってこんな科目

  • 50点中30点取得で合格
  • 出題数は20問前後
  • 試験時間は20分
  • 2018年から新たに追加された科目、初年度の難易度はそこまで高くなかった
  • 今年は昨年の反動を受けて難化する可能性もあり?油断は禁物

講座のお申込みはこちらから

スキマ時間で勉強するなら

通訳案内の実務科目_オンライン受講

¥20,000

  • 在庫切れ

緊張感の中で勉強するなら

通訳案内の実務科目_通学受講

¥21,000

  • 在庫切れ

各コースのご紹介

オンライン受講|5月開始コース(配信中)

どんなコースか

  • 試験範囲の観光庁研修テキストの内容を第1章から丁寧にオンラインで学ぶ、全6回(12時間)のコースです。
  • 通訳案内の実務を初めてご受験される方に特におすすめしています。
  • True Japan Schoolのオンライン学習サイトにログインして動画を視聴します。
  • 講座動画は2019年8月31日まで何度でもご視聴頂けます。
  • 当校のオリジナルテキスト6冊が付属します。各回の配信開始日に合わせてご自宅に配送致します。
  • 別途購入が必要なテキストがあります。(後述)
  • インターネット環境が必須となります。

5月開始コースの視聴期間について

 

第1回 5月24日~8月31日
第2回 5月31日~8月31日
第3回 6月7日~8月31日
第4回 6月14日~8月31日
第5回 6月21日~8月31日
第6回 6月28日~8月31日

ご購入はこちらのボタンから


オンライン受講|7月集中コース(7月配信)

どんなコースか

  • 実践問題の演習を通して、試験に頻出のテーマから集中的に行う短期集中のコースです。
  • オンラインで視聴する全7.5時間のコースです。
  • 配信日は8月上旬からとなります。試験直前の仕上げにさくっと勉強されたい方はぜひご受講ください。
  • True Japan Schoolのオンライン学習サイトにログインして動画を視聴します。
  • 講座動画は2019年8月31日まで何度でもご視聴頂けます。
  • 当校のオリジナルテキストが付属します。配信開始日に合わせてご自宅に配送致します。
  • 別途購入が必要なテキストがあります。(後述)
  • インターネット環境が必須となります。

7月集中コースの視聴期間について

※オンライン受講7月集中コースは通学受講を収録したものになります。配信開始日にご注意ください。

 

第1回 8月3日~8月31日
第2回 8月3日~8月31日
第3回 8月3日~8月31日

ご購入はこちらのボタンから


通学受講|7月集中コース

どんなコースか

7月集中コースの開催日

 

1日目 8月3日(土)
9:30~17:45

ご購入はこちらのボタンから


通学受講|5月開始コース(募集終了)

どんなコースか

  • 本コースは募集終了しました。
  • 試験範囲の観光庁研修テキストの内容を第1章から丁寧にオンラインで学ぶ、全6回(12時間)のコースです。
  • 東京校港区、または大阪校四ツ橋の教室にお越し頂いて約1週間に2時間のペースで対策します。
  • 大阪校は土曜、東京校は水曜もしくは日曜に講座を開講しています。
  • 毎回お越し頂いた際に各回完結のオリジナルテキストをお渡しします。
  • 別途購入が必要なテキストがあります。(後述)

5月開始コースの開催日

 

【東京校】水曜午前 10:00~12:00
【東京校】日曜午前 10:00~12:00
【大阪校】土曜午前 10:00~12:00

 

  【東京校】水曜午前 【東京校】日曜午前 【大阪校】土曜午前
第1回 5月15日 5月12日 5月25日
第2回 5月22日 5月19日 6月15日
第3回 5月29日 5月26日 6月22日
第4回 6月5日 6月2日 7月6日
第5回 6月12日 6月9日 7月20日
第6回 6月19日 6月16日 7月27日

ご購入はこちらのボタンから


今年の実務科目には気を付けて!

2019年度の実務科目は難化する!

この「通訳案内の実務」科目は2018年から新しく追加された科目です。初のお披露目であった2018年度は、どのくらいの難易度か、どのような出題がされるのか注目を集めていましたが、蓋を開けてみると、試験範囲の「観光庁研修テキスト」から素直な問題が多く出されるにとどまりました。True Japan School受講生の平均点は50点中45点を超えたほどです。

 

この反動を受けて、2019年度の試験は、非常に難化することが予想されます。より一層充実した対策を行い、万全を期すべく、True Japan Schoolの講座を受けてみませんか?


講座内容

第1回 通訳案内士法・旅行業法
第2回 旅程管理主任者・旅行の種類
第3回 旅程管理の実務
第4回 危機管理・事前準備・災害対応
第5回 宗教と食事制限
第6回 国ごとの特徴等・コンプライアンス・医療通訳

必須教材について

全国通訳案内士試験 「実務」 合格! 対策(税込2,808円)

 

本講座では三修社より発売中の『全国通訳案内士試験 「実務」 合格! 対策』を使用致します。

 

【本書の特徴】

  • 項目別重要度付き➡膨大な資料の中で「出る所」が一目で分かる!
  • 項目別チェックテスト付き➡特に重要な知識の更なる定着と直前対策に。
  • 楽しいコラム付き➡現役通訳案内士の声や実際のガイドで役立つ小話で楽しく学習。
  • Amazonでも発売されていますが、本サイトからご購入頂くと、少しお得に購入できます。

講師担当講師

【東京校】米原亮三先生(通訳案内士法・旅行業法担当)

  • NPO日本文化体験交流塾理事長
  • 観光庁「新たな通訳案内士制度のあり方に関する検討会」委員
  • 江東区観光協会設立検討会委員
  • 東京大学理科Ⅰ類在籍中、文科Ⅱ類合格。
  • 都知事秘書、自治体国際化協会ニューヨーク事務所次長
  • ㈱東京ビッグサイト総務部長、東京都観光部部長等歴任。

全国の観光まちづくりの調査・講演等や宗教解説、文化解説等の講義実績。経済、政治、立法、行政、観光は、実務・学会ともに精通している。

平均年50日登山・旅行するなかで、日本百名山のうち92山登頂、全都道府県を訪問するなど、地理・地学・気象に詳しい。

 

<著書・論文>

  • 「ネットワーク時代の地球市民の生き方」(中央経済社)
  • 「東京都 多様性に満ちた市民社会」(駒井洋、渡戸一郎編「自治体の外国人政策」明石書店所収)
  • 「通訳ガイドハンドブック」(NPO日本文化体験交流塾) 等

【東京校】ホルト比早子先生(旅程管理実務担当)

  • 旅程管理主任者(国内・総合)
  • 全国通訳案内士(英語)

ニュージーランド日本大使館に数年勤務した後、現在までに旅行会社で総合添乗員として国内を多く回る。旅程管理の実務に関する指導経験も多種多様。新日本通訳案内士協会の新人研修における「旅程管理」分野でも講師を歴任。バス添乗実習においても受講生の視点に立った説明で好評を得ている。ラグビーとワインに関する知識も豊富で、日本ソムリエ協会主催のワインテイスティングイベントでの通訳に複数回従事した経験もある。

【東京校】河島泰斗先生(諸外国の文化担当)

  • 全国通訳案内士(英語)
  • 総合旅行業務取扱管理者

大学卒業後、公共政策コンサルタント会社に18年間勤務し、世界文化遺産登録推薦書作成(文化庁)、国立公園管理・利用計画策定(環境省)、その他多数の政策立案や行政計画策定に携わった後、観光業界に転職し、現在に至る。

 

幼少の頃から地図を読むことと旅行が趣味で、大学時代は地理学系の研究室に所属。また、30代に入ってから日本酒に開眼し、日本酒の製造・販売に1年間従事した経験もある。これまで全都道府県で宿泊しており、各地の自然・観光・地酒・グルメなどに詳しい。

【大阪校】太田貴子先生(通訳案内の実務全般担当)

  • 全国通訳案内士(英語)
  • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)

日本文化体験交流塾(IJCEE)新人研修旅程管理講師。関西圏をベースに十数年の実績を有するベテラン実力派ガイド。お客さんに楽しんでもらい、また笑ってもらうことを一番に考え、英語落語を披露することもある。

受講生の声

受講生レビュー1

米原先生の講習は観光庁研修が設けられる背景等がよく分かり、山口先生の講習では経験に基づいたお話が実感できました。河島先生の宗教のお話も専門的でよかったです。臨場感あるセミナーでした。感謝です!

(女性:E.K.さん)

受講生レビュー2

90%以上カバーされてました。

(男性:Y.S.さん)


受講生レビュー2

自宅で家事をしながら音声を聞くだけで、かなり内容が入ってくるいい講義でした。e-learning(オンライン視聴)コースは非常に時短になり、助かりました!

(男性:T.E.さん)

受講生レビュー1

本を読んでの独学だけだったらきっとボーダーラインも難しかったと思います。良問の予想問題も最後の最後まで繰り返し解いて身体で覚えたのが良かったのだと思います。

(女性:S.I.さん)