TOP > 旅程管理主任者とは


旅程管理主任者とは


どんなお仕事?

 

 「旅程管理主任者」とは、平たく言えば、バスの添乗員のお仕事を指します。名前が似たような資格に「旅行業務取扱管理者」がありますが、そちらは旅行会社の営業所を立ち上げる際に必要な資格です。「旅程管理主任者」とは少し異なります。

 

 観光地を訪れると、団体の観光客の皆さんを旗を持ってご案内している方がいます。そのような方は、「旅程管理主任者」の資格を必ず携帯しています。「国内」と「総合」に分かれ、「総合旅程…」の所持者は海外での添乗業務を行うことができます。

 

 お客様をご案内する時の心構え、例えば引率の仕方、食事などの手配、お客様の安全の確保、さらにはバス運転手とのコミュニケーションに至るまで、旅程管理主任者は精通していなければなりません。あらゆるアクシデントを予測し、旅程を管理する大変なお仕事ですが、その分、ツアー終了後のお客様からの「ありがとう」には感慨ひとしおです。


どうしたら取得できる?

取得は簡単!2日間の講義受講と修了試験+バス添乗実習を受講でOK!

True Japan Schoolでは国内旅程管理研修を実施しています。

A. 旅程管理研修を受講

 観光庁長官の登録を受けた研修期間が実施する研修の過程を修了します。

 旅程管理研修は2日間で行われ、「法令」や「実務」を学びます。2日間の受講の後、それぞれの科目で「修了試験」を受験し、合格すると、「国内旅程管理研修修了書」が発行されます。

B. バス添乗実習に参加

 実際の行程をバスで辿りながら、講師に添乗業務のノウハウを学びます。「国内旅程管理研修修了書」をお持ちで、この実習を終えた方には「旅程管理業務を行う主任者証」が発行されます。この「旅程管理業務を行う主任者証」を取得することで、お仕事として添乗業務に携わることができるようになります。


則としてA及びBの順序は問われません。

但し、それぞれの受講期間への定めは以下の通りとなります。

 

  • Aの修了前後1年以内にBを1回以上経験
  • 若しくはAの修了後3年以内にBを2回以上経験

True Japan Schoolで旅程管理主任者を目指そう!

国内旅程管理研修は業界最安値!

国内旅程管理研修(講義)

13,000円

参考:

A社 24,700円 B社 15,000円

バス添乗実習

16,200円

 

 



ますます増加する受講者数

平成28年度の登録研修機関の内、国内旅程管理研修受講者数の実績は以下の通りです。

平成29年12月現在、総受講者数は既に250人を突破しており、今後も増加が大きく期待されます!

    国内受講者数
1 インターナショナルツアーアシスタンス

2903

2 日本添乗サービス協会 944
3 ツーリストエキスパーツ

524

4 全国農協観光協会 400
5 大地エージェンシー 253
6 中村学園 237
7 True Japan Tour 235
8 ジーエフ 228
9 グーリィー 211

10

トップ・スタッフ 189

True Japan Schoolの国内旅程管理研修の魅力

【旅行業法・約款の講義がしっかりと実務で役に立つ!】

 

 国内旅程管理研修の講義では、旅行業法・約款の講義でも、実際に添乗員として活躍する際に必要な知識を、旅行業界に非常に造詣の深い服部豊講師(右図)が伝授致します。

 

 服部豊氏は約30年JALパックにお勤めになり、海外添乗員を数多くこなしてきました。その一方で、JALパックでご活躍された後は、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者を歴任し、本講義にはうってつけの人物です。

 

 (株)ユーキャンにて旅行業務取扱管理者試験対策の指導も行った経験があり、教育の面から見てもこれ以上頼もしい講師はいないでしょう。

【実際に役割分担! 英語での案内演習も1人1人にあります

 

 実際のバス添乗では、1人1人に役割を与え、受講生皆さんで助け合いながら、添乗実習は展開されます。また、ニュージーランドに数十年在住し、国内添乗を長年行ってきたホルト先生が、各所で、経験を活かしたノウハウを授けます。

 

 さらに英語での案内演習も全員に行って頂きます。実務での現場力が身につくのが、True Japan Schoolのバス添乗実習です。

【True Japan Tourでなら主任者資格取得後も、お仕事のチャンスが目の前に!】

 

 True Japan Tourで主任者証を取得された方は、母体である、IJCEEにご入会頂くことで、ガイド業の斡旋があります! IJCEEは日本最大の通訳案内士団体。それだけお仕事のチャンスや種類も広がってくるので是非!


講師紹介

講師: 服部豊(旅行業法科目担当)

 

2009年まで(株)JALパックで約30年勤務。海外添乗員・海外支店・本社人事・販売・CS推進等に従事。
その後、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者としての勤務を終え、 現在は日本添乗サービス協会、True Japan School等で旅行実務法務研修や主に中国人を対象にした旅程管理者各種研修に従事している。

(株)ユーキャンの本試験対策講座の指導も務めていた。 総合旅行業務取扱管理者・行政書士等資格。 中央大学法学部卒。静岡市出身。趣味は大学野球観戦やスキー。上海在勤中は上海国際マラソンにも毎年出場した。

講師: ホルト比早子(旅行実務科目担当)

 

通訳案内士(英語)

 

ニュージーランド日本大使館に数年勤務した後、現在までに旅行会社で総合添乗員として国内を多く回る。ラグビーとワインに関する知識が豊富で、日本ソムリエ協会主催のワインテイスティングイベントでの通訳に複数回従事した経験あり。

講師: 山口和加子(12月バス添乗実習担当予定)

 

通訳案内士(英語)

 

 NPO法人日本文化体験交流塾(IJCEE)副理事長・新日本通訳案内士会会長・IJCEE国際茶道塾塾長。東京都内定期観光(はとバス)英語ガイドの第一人者。FIT.VIPなどの通訳ガイド経験豊富。中国語も堪能なので、通訳案内士試験対策では中国語での面接指導も行う。

 

資格取得者の声

 

 大変中身の濃い、有意義な研修でした。歯切れの良い話し方で楽しく講義をしてくださった服部先生、又、ホルト先生からは、親身な細やかなご指導を通し、添乗員というお仕事の大変さ、大切さを体得させていただきました。研修ではペーパーテストもあり、合格点をとるために私は理解し記憶することが大変でしたが、熱心な仲間たちと、楽しく有意義な研修を無事終了することができました。TJTの先生方・スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

バス添乗実習経験者の声

 

 

 原宿駅付近より表参道にかけて、ガイド棒を持ち、英語でガイドをさせて頂く、という大変貴重な経験をさせて頂く事が出来ました。 有り難うございました。 ホルト先生は常に笑顔でいらして、先生のツアーに参加される皆様は本当にお幸せな方々だな、と心より思いました。 私もどんな時にも笑顔で、おもてなしのガイドをして参りたいと思います。