日本最大の通訳案内士団体が経営する予備校

お役立ち記事・ブログ一覧

日本歴史・日本地理の対策なら

歴史対策講座

東京校オンライン

出題傾向に合わせて精選したカリキュラム

True Japan Schoolは、これまでの全国通訳案内士試験の歴史科目の問題を洗い出し、どの時代の出題率が高いか、押さえておくべきテーマは何かを徹底的に分析しています。数字が示す客観的な根拠に基づいてカリキュラムを組んでいるので、皆さんが効率的に、高得点を取得できるサポートが可能です。

地理対策講座

東京校オンライン

ビジュアルで覚えるから記憶に残る

地理の対策をする時に、観光地の名前や所在地の名前ばかりを覚えていくのはNG。写真を見ながら、覚えるだけで、記憶への残り方が、まるで違いますよ!本講座では、写真と地図を使って記憶に残る授業をお届けします。ビジュアルで皆さんの知識の定着を確固たるものにします。


筆記英語対策は3クラスご用意

1次英語対策講座Basic

東京校オンライン

日本文化の単語力を話しながら伸ばす

全国通訳案内士試験で必要となる英単語は、英検やTOEICで見られるものとは、全く異なるものです。日本文化に関する単語が必然と多くなってくる為、それ専用の対策が必須となってきます。

 1次英語対策講座Basicでは、これら試験に必須の単語を徹底的にインプットして、1次・2次の突破に繋げます。

1次英語対策講座Intermediate

東京校オンライン

文法力を高めて高配点の問題を攻略

全国通訳案内士試験の1次試験の英語問題では、大きく3つの力が問われます。第一に単語力、次に長文読解力、そしてこのIntermediateで養う文法力です。皆さんに知っておいて頂きたいのは、文法・構文・イディオムの知識の差が合否を左右する、ということです。1点でも高い点数を取りたいという方の受講をお待ちしています!

1次英語対策講座Advanced

東京校オンライン

ひたすら良質な問題を解く実践クラス

本講座は、ひたすら問題を解いて、解説を聞く、演習型の講座になります。1次試験英語科目の指導を10年以上経験しているプロ講師が作成したオリジナル問題を解いて頂きます。講座で解いて頂く問題とは別に宿題もたっぷりご用意。試験形式に沿った問題を何度も解いて、合格を手にしましょう!


全国通訳案内士試験について学ぶ

今年初めて通訳案内士試験にチャレンジされる方はぜひご一読を。法改正の背景から、過去10年の合格率、出題歴まで、通訳案内士試験に関するノウハウをまとめました。


1,000名が利用するTrue Japan Schoolの強みとは?

理由
1

数字が示す実績

2015年度の2次試験合格率は83.9%。2018年度の1次試験問題カバー率は地理科目が92.3%、歴史科目が87.5%となりました。True Japan Schoolは創業7年目にして、利用者数1,000名以上、メールニュース購読者数3,000名を誇ります。通訳案内士予備校の最前線を走る唯一無二の試験対策機関です。

理由
2

大手出版社との連携


True Japan Schoolでは、2018年より、語学系の大手出版社である「三修社」とタッグを組み、試験対策書籍を出版して、全国の受験生に最新の情報をお届けしています。Amazonレビューには、嬉しいお声が続々と寄せられています。

理由
3

日本最大のガイド団体が公認

なぜ、True Japan Schoolは通訳案内士試験におけるノウハウをこれほど持ち合わせているのか?それは、True Japan Schoolが日本最大の通訳案内士団体である新日本通訳案内士協会公認の試験対策機関だからです。個人、法人を問わず、最新の観光を取り巻く状況に精通したプロが集まる団体だからこそ、皆さんに良質な講座や情報を提供できるのです。

全ての有資格者が輝けるように

私たちTrue Japan Schoolが通訳案内士試験対策を始めたのは、2011年。そう、日本列島が衝撃と悲しみに包まれた東日本大震災の年です。震災直後、日本のインバウンド観光業界はキャンセルの嵐。お客様だけでなく、日本に駐在している多くの外国人職員たちまでもが日本を離れるという状況で、たくさんの通訳案内士が廃業に追い込まれました。しかし、その中で現在のTrue Japan Schoolの校長であり、旅行会社True Japan Tour(株)の代表取締役でもある米原亮三はこう考えました。

 

「今は確かに大変だ。でもきっと、お客様は日本に戻ってきてくれる。日本にはその力がある。その時に帰ってきてくれたお客様を迎える準備を今から整えなければならない。そのために今重要なのは人を育てることだ。今すべきなのは質の高い通訳案内士を育成することだ!今こそ、この日本の最大のピンチをチャンスに変えなければ!」

 

そして始まったのがTrue Japan Schoolです。当時の生徒はたった7名。講師は山口先生と安河内先生という2名の通訳案内士。2次試験対策からのスタートでした。しかし、この産声を上げたばかりのTrue Japan School初年度、7名の第1期受講生はなんと全員が合格!

 

それから7年。少しずつ規模は大きくなり、True Japan Schoolは1000名以上の受講生数を誇る通訳案内士予備校となりました。

 

「ピンチをチャンスに変える!」これがTrue Japan School校長である米原の口ぐせです。現在、全国通訳案内士という資格は、規制緩和や業務独占の廃止などで大きな過渡期にあります。無資格の人でも有償でガイドができるようになった今を、この資格のピンチと呼ぶ人もたくさんいます。しかし、だれでも有償でガイドができるようになった今だからこそ、レベルの高い合格者を多く現場に輩出し活躍してもらうことで、国家資格である全国通訳案内士という資格と、それを取得して活躍している有資格のガイドさん達全体の地位を向上させていこうと考えています。

 

ガイドを目指されている皆さん、貴重なお時間を割いてここまでお読み頂き、ありがとうございます。強き思いを私達True Japan Schoolと一緒に実現させましょう!そして一緒に日本の観光を盛り上げていこうではありませんか!

 


 

3,000名の受験者が読んでいます!

メルマガ登録で試験攻略法を学ぶ!

 

3,000名の受験者が読んでいます!

メルマガ登録で試験攻略法を学ぶ!