通訳案内士試験1次|歴史対策講座Basic

通訳案内士試験の歴史ってこんな科目

True Japan Schoolの「通訳案内士試験 歴史対策講座Basic」のご受講を検討される前に、歴史科目について知っておきたいことをまとめています。

これだけは知っておきたい!

  • 100点中70点取得で合格
  • 出題数は40問前後
  • 試験時間は40分
  • これまでは5科目のうち、最も対策の立てやすい科目だったが、2018年度に急激に難易度が上昇
  • 2018年度以降、各地の観光地に根差した細かい歴史の出題に多くの受験生が苦戦を強いられている

こんな問題が出題されます

2018年度までの試験では、高校の日本史の教科書からの出題が多く、問題によっては中学生でも解答できる問題もありましたが、2018年度以降は問題の趣旨が大きく変わりました。人物や史実に基づいた問題が少なくなり、全国の観光地に関連した出来事などを問う問題が多く、そのレベルも大変高い内容となっています。

2018年以前(難化する前の出題)

(8)1582年、織田信長は家臣の明智光秀の謀反により京都に滞在していた時、自害に追い込まれた。その滞在していた施設の名前で最も適切なものはどれか、次の①~④から一つ選びなさい。

①石山本願寺

問題を全部見る

(9)下線部a(戊辰戦争)に関連した記述の中で正しいものはどれか、次の①~④から一つ選びなさい。

①鳥羽・伏見の戦いとは、土佐藩(高知藩)を中心とした旧幕府側が新政府軍に負けた戦いである。

問題を全部見る

②彰義隊の戦いとは、旧幕府軍の彰義隊が徳川慶喜を援護する為、浅草寺にて新政府軍に反抗した戦いである。

③甲州勝沼の戦いとは、勝海舟が甲陽鎮撫隊の隊長になり甲州勝沼にて一戦を交えた戦いである。

④会津戦争では、白虎隊の若い隊士が飯森山で自刃した。

出典:平成29年度通訳案内士試験 日本歴史 問題番号14(正解は④

2018年以降(最近の出題)

(10)飛騨高山に関連する次の①~④の記述の中で正しいものを一つ選びなさい。

①古代律令時代の飛騨国においては、庸・調に加え、都で寺院などの大工仕事に従事する者の派遣が課せられた。

問題を全部見る

②「高山祭」は、春の「山王祭」と秋の「八幡祭」の総称であるが、いずれも鎌倉時代に始まった。

③江戸時代、金森氏が国替えされた後、高山は幕府の直轄地になった。

④「幕末の三舟」である勝海舟は、飛騨郡代となった父に従い幼少時を髙山で過ごした。

出典:平成30年度通訳案内士試験 日本歴史 問題番号19(正解は③

(14)島根県の観光地に関する①~④の記述の中で正しいものを一つ選びなさい。

①天守が国宝に指定されている松江城は、江戸時代有数の茶人としても知られている松平治郷(号は「不昧」)によって築かれた。

問題を全部見る


各観光地に根差した歴史を意識しながら、歴史の流れを古代から現代まで俯瞰できることが、True Japan Schoolの歴史対策講座Basicの強みです。是非無料体験にお越しください!

講座ご紹介

東京校大阪校オンライン

講座概要

講座のスタイル・目標

全12回(計24時間)の座学形式となります。通訳案内士試験の1次試験歴史科目突破の為に、政治、文化、そして観光地の視点から古代から近代までの歴史の流れを学習します。全体の流れを俯瞰すると同時に通訳案内士試験に頻出の時代を重点的に学習するので、コンパクトに必要な知識をインプットすることができます。

取り扱うテーマ・スケジュール

通学講座時間帯 10:00~12:00
  講座テーマ 東京校|金曜 東京校|土曜 大阪校|日曜 オンライン
第1回 原始から古代 1月10日 1月11日 2月2日 1月23日
第2回 奈良時代 1月17日 1月18日 2月16日 1月30日
第3回 平安時代① 1月24日 1月25日 3月1日 2月6日
第4回 平安時代② 1月31日 2月1日 3月8日 2月13日
第5回 鎌倉時代 2月7日 2月8日 3月15日 2月20日
第6回 鎌倉文化 2月14日 2月15日 3月22日 2月27日
第7回 室町時代 2月21日 2月22日 3月29日 3月5日
第8回 戦国時代 2月28日 2月29日 4月5日 3月12日
第9回 江戸時代① 3月6日 3月7日 4月12日 3月19日
第10回 江戸時代② 3月13日 3月14日 4月26日 3月26日
第11回 江戸時代の文化 3月20日 3月21日 5月10日 4月2日
第12回 幕末から明治維新 3月27日 3月28日 5月10日 4月9日

この先生が担当します!

 

沢田千津子 先生

  • 東京校 歴史・地理・一般常識 担当
  • 全国通訳案内士(英語)
  • 三修社「歴史」合格!対策 執筆者
地理・歴史、そして一般常識対策講座を横断的に担当される、1次試験対策の中心的存在。沢田先生の講座を受けずして、地理科目・歴史科目の合格はできない、と言えるほど幅広い知識を有する先生です。その実力はお墨付きで2017年には歴史の出題の90%以上を講座でカバーしました。2018年から難化する歴史の最新傾向も熱心に研究されています。インド・ネパール滞在、出版社・広告代理店勤務を経て公立高校の社会科教員を勤めてきた経験から指導力も申し分なし。山歩きが欠かせない趣味の一つで、2019年に百名山全てを踏破したそうです。

別途ご用意頂く資料

1. 『全国通訳案内士試験「歴史」合格!対策』三修社 3,080円(税込)

 

本講座ではメインテキストとして三修社出版の『全国通訳案内士試験「歴史」合格!対策』を中心に授業を展開します。

  • 一般の書店でもお買い求め頂けます。True Japan Schoolサイト内でお買い求め頂くと消費税分(280円)がOFFになりお買い得です。

特別価格で購入

推奨教材

2. 『詳説日本史図録 第7版』山川出版社 946円(税込)

 

本講座では他に補助教材として『詳説日本史図録 第7版』(山川出版社)のご購入をお勧めしております。

  • True Japan School事務局での販売はございませんのでご承知おき下さい。以下のボタンをクリックするとAmazonの販売ページへ遷移します。

Amazonで購入


受講生の声

受講生レビュー1

問題を解いているときは、本当にこんなマニアックな問題が出るのか?と恐れと共に解けない状態へのヘコむ気持ちがあったが、兎に角信じて暗記に努めた。試験を受けビックリ。まさに何問も御社の通信講座から出た。自分が感じるに、2015年以降のマニアックな問題(つまり教科書にのってない問題と解答)に対応しているのが御社の通信講座だと思う。だから、こんな問題出されてもと怒らずに済む。時間のない社会人にとって遠回りせずに勉強ができる。特に地理。

(女性:M.Y.さん)

受講生レビュー2

歴史の大きな流れやその時代の重要な事柄をご教授していただいたので、不得意な日本史が頭の中に入ってきた。 毎回のミニテストがあったおかげで重要ポイントの復習や覚え難い点が顕かになり大変役に立った。沢田先生に感謝感謝です。

(男性:M.E.さん)


受講生レビュー2

昨年、独学で受験し挫折いたしました。今回TJSが大阪でも受講できることを知り、慌てて受講申し込みしました。独学と違い歴史をどのようにどの観点から学べばいいのか沢田先生の授業でよくわかり、歴史嫌いの私がどんどん歴史に引き込まれていきました。今回72点採れたのもTJSのおかげです。本当にありがとうございます。

(男性:K.Y.さん)

受講生レビュー1

日本の歴史を、単なる暗記科目ではなく、因果関係やエピソードを中心に分かりやすく、楽しく講義していただきました。美術史、神道や仏教について、建築についてなど、ガイドとして役立つ内容も盛りだくさんで、テキストはいつまでも手もとに置き、バイブルとして活用したいと思います。毎回小テストがとても楽しみでした。

(女性:A.N.さん)