TOP > 旅行業務取扱管理者とは


旅行業務取扱管理者とは


どんなお仕事?

 

 旅行業を営むには様々な知識が必要です。書面の交付や、約款の取り扱い、広告に関する定めなど、旅行業法を始めとした法令によって、様々な取り決めがなされています。「旅行業務取扱管理者」はそれらに精通したスペシャリストです。営業所を置く場合には、必ず1人以上、この「旅行業務取扱管理者」を設置しなければいけません。

 

 名前が似たような資格に「旅程管理主任者」がありますが、そちらはいわゆる添乗員の資格であり、少し異なります。

 

 本資格は国家資格であり、「国内…」と「総合…」に分かれます。「総合…」を所持している者を設置した営業所は海外旅行も企画することができます。

 

 期待に胸が膨らむ話ですが、この資格を持っていれば、自分で旅行会社を立ち上げることもできます。通訳案内士資格」と併せて、お仕事の幅が広がること間違いなし!所持者は「通訳案内士試験」の「地理科目」も免除になりますよ!


旅行業務取扱管理者試験各種



【過去問】

 

各試験24年度から

28年度の過去問を掲載

 

◆過去問一覧◆


【国内試験・概要・出願】

7/3 受付終了

 

出願・受験案内はこちら


【総合試験・概要・出願】

8/4 受付終了

 

出願・受験案内はこちら



旅行業務取扱管理者試験対策講座



【国内旅行業務取扱管理者試験対策講座】

 

 

業法・約款は過去問研究、

JR運賃・料金計算は実践問題を解くなど、

それぞれの科目にマッチした

エッセンスを授けます。

 

DVDコースなら今からでも遡り受講OK!

オリジナルの直前模試大会も開催。


【総合旅行業務取扱管理者試験対策講座】

-Intensive Course-

 

独学で対策のしづらい「国際航空運賃計算」を

過去問とテキストを併用して攻略します。

その他、実務も講義内で取り扱います。

 

9月の日曜日に集中的に開催!

 

 



講座担当講師


講師: 服部豊

 

2009年まで(株)JALパックで約30年勤務。海外添乗員・海外支店・本社人事・販売・CS推進等に従事。
その後、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者としての勤務を終え、 現在は日本添乗サービス協会、True Japan School等で旅行実務法務研修や主に中国人を対象にした旅程管理者各種研修に従事している。

(株)ユーキャンの本試験対策講座の指導も務めていた。 総合旅行業務取扱管理者・行政書士等資格。 中央大学法学部卒。静岡市出身。趣味は大学野球観戦やスキー。上海在勤中は上海国際マラソンにも毎年出場した。