TOP > 旅程管理主任者とは > 【関東】バス添乗実習


【関東】バス添乗実習


概要

旅程管理業務を行う主任者証の発行には、「国内旅程管理研修修了証」の他に、添乗実務の経験が必要となります。

 

サブ添乗員としての経験がない方には、True Japan Schoolのバス添乗実習がお勧めです。



タイムテーブル・当日の行程


-1日目(1月20日)- 事前座学…実際のバス添乗に向けて、役割分担や行程の確認を行います。

開始時間

終了時間 概要
13:30 15:30頃 行程と演習のポイント・各役割の説明
15:30頃

16:30頃

役割分担
16:30頃

17:15頃

その他添乗に係る説明・質疑応答
17:15頃 17:30 事務連絡     

-2日目(1月21日)- バス添乗…実際にバスに乗車し、都内の観光地を周回しながら演習をします。

開始時間

終了時間 所要時間 行動 場所
8:50 9:00 10 受付 機械振興会館
9:15     バス乗車

機械振興会館

    35 説明演習

途中赤坂迎賓館停車

  9:40   バス下車 原宿周辺
9:40 10:40 60 徒歩散策・引率演習 原宿・表参道
10:40 11:00 20 バス移動・説明演習  
11:00 11:25 25 館内見学

六本木・国立新美術館

11:25 11:30 5 徒歩移動  
11:30 12:20 50 昼食 レストラン
12:20 12:30 10 徒歩移動  
12:30     バス乗車 東京ミッドタウンリッツカールトン玄関前乗車場
  13:10   バス下車 秋葉原付近
13:10 14:00 50 徒歩散策・引率演習 秋葉原周辺
14:00     バス乗車

秋葉原万世橋

  14:20   バス下車

浅草橋

14:20 14:50 30 徒歩散策・引率演習 浅草橋・人形店など
14:50     バス乗車 浅草橋
  15:10   バス下車 雷門通り付近
15:10 16:10 60 徒歩散策・引率演習 浅草寺周辺
16:10     バス乗車 二天門付近
    50

車窓観光・説明演習

築地市場・浜離宮など
  17:00   バス下車 機械振興会館
17:00     解散  

講師紹介


講師: 山口和加子(12月担当予定)

 

通訳案内士(英語)

 

 NPO法人日本文化体験交流塾(IJCEE)副理事長・新日本通訳案内士会会長・IJCEE国際茶道塾塾長。東京都内定期観光(はとバス)英語ガイドの第一人者。FIT.VIPなどの通訳ガイド経験豊富。中国語も堪能なので、通訳案内士試験対策では中国語での面接指導も行う。

 

講師: ホルト比早子

 

通訳案内士(英語)

 

ニュージーランド日本大使館に数年勤務した後、現在までに旅行会社で総合添乗員として国内を多く回る。ラグビーとワインに関する知識が豊富で、日本ソムリエ協会主催のワインテイスティングイベントでの通訳に複数回従事した経験あり。

添乗実務経験者の声

 

 

だらだらと説明をするのではなく、受講した方の添乗の振る舞いなどを見て、適宜ご指導とご説明が入るのが、とても良かった。実践に即した良い研修だと思います。将来の添乗員仲間もたくさんできました。ありがとうございます。

 

 

原宿駅付近より表参道にかけて、ガイド棒を持ち、英語でガイドをさせて頂く、という大変貴重な経験をさせて頂く事が出来ました。 有り難うございました。 ホルト先生は常に笑顔でいらして、先生のツアーに参加される皆様は本当にお幸せな方々だな、と心より思いました。 私もどんな時にも笑顔で、おもてなしのガイドをして参りたいと思います。

 

 

今回は旅程が分単位で細かく決められていましたが、実際に自分が旅行会社様との打ち合わせから旅程を決め、その通りに行うとなったら何倍も大変だろうなと思いました。そのようなリアルな実務を学ばせてくれる研修です。

 

 

法令から実務、実際のお仕事まで幅広く学ぶことができました。ありがとうございます。バス研修は、ガイド・添乗員の仕事が大変だと感じるとともに、ご一緒した方々や研修を行った街から新たな気づきを頂き、本当に刺激的でした。


会場アクセス(集合場所)


105-0011

東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 B1階 109号室