インバウンド

旅程管理主任者(添乗員)として働くためには

添乗員として働くためには

※発行する旅行会社により異なる場合があります

  • 旅行会社が実施する企画旅行に添乗員として同行する場合には、実施する旅行会社が発行する「旅程管理主任者証」の携帯が求められます。(通訳案内士であっても別途求められます)
  • 「旅程管理主任者証」を所持する為には、①旅程管理研修を修了、②実際の旅行または実習に参加して実務経験を積む、③旅行会社に所属の3点が必要です。
  • 資格には「国内」と「総合」の2種類があります。国内旅行の同行では国内資格が、海外旅行の同行では総合資格がそれぞれ求められます。

True Japan Tourが実施する研修

国内旅程管理研修

旅程管理研修
研修概要

2日間の座学で「旅行業法令」「旅行実務」に関する知識を学びます。2つの科目にそれぞれ修了試験があり、各科目60点以上を取得すると「国内旅程管理研修修了証明書」が発行されます。

受講料 15,000円(教材費含む)
開催地域 東京・大阪

バス添乗実習(実地)

添乗実習 
研修概要

講師と一緒にバスに乗車して観光地を周りながら、引率演習、バスドライバーとのやり取りなど旅程管理に欠かせない知識を演習を通して学習します。本実習は主任者証発行に必要な「実務経験」の対象となります。

受講料 17,000円(昼食代別途)
実習地域

東京・大阪


研修日程

 

  旅程管理研修 バス添乗実習
東京会場 11月30日()12月1日( 12月14日()12月15日(
大阪会場 2020年以降随時開催 2020年以降随時開催

旅程管理研修|タイムテーブル

 1日目
09:00 - 12:00 講義|旅行業法科目①
12:00 - 12:45 昼休憩
12:45 - 13:45 講義|旅行業法科目②
13:45 - 14:15 修了試験|旅行業法科目
14:15 - 18:30 講義|旅行実務科目①
 2日目
09:00 - 12:00 講義|旅行実務科目②
12:00 - 12:45 昼休憩
12:45 - 15:00 講義|旅行実務科目③
15:00 - 18:00 講義|旅行実務科目④
18:00 - 18:30 修了試験|旅行実務科目

バス添乗実習・関東|タイムテーブル

 1日目(事前座学)
09:00 - 10:00 バス実習の要点を復習
10:00 - 11:00 2日目の行程の予習
11:00 - 12:30 班分け・役割分担の打ち合わせ
12:30 - 13:00 事務連絡

※当日の進行により前後する場合があります。

 2日目(バス添乗)
08:30 - 09:00 集合・当日の最終確認
09:00 - 11:30 赤坂迎賓館・原宿|引率演習
11:30 - 12:20 レストランで昼食
12:20 - 17:00 秋葉原・浅草|引率演習

※当日の進行や道路状況により解散時間等が前後する場合があります。


研修会場

True Japan School東京校

東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館本館B109

お申込みからの資格取得までの流れ

STEP1
フォームから申込
旅程管理研修のお申込みは全て以下のフォームから受け付けております。所定の事項をご確認頂き、ご入力ください。
STEP2
IJCEEにご入会

True Japan Tour株式会社で通訳案内士として、また添乗員としてお仕事をされる為には、日本文化体験交流塾(IJCEE)の会員様になって頂く必要がございます。まだご入会がお済みでない方は別途お手続きをお済ませください。

※全国通訳案内士資格をお持ちで、True Japan Tourにて旅程管理主任者証の発行を希望されない方はIJCEEご入会の必要はございません。

STEP3
講義や実習を受講
旅程管理研修またはバス添乗実習、またはそのいずれかを受講します。(旅程管理研修は修了試験で合格点以上を取得する必要があります。)受講された研修または実習に応じて、修了証が交付されます。(手数料無料)

STEP4
True Japan Tourから

主任者証を発行

旅程管理研修とバス添乗実習(実務経験として扱われる実地研修)を一定の期間内で受講、かつIJCEEにご入会されている方にはお仕事をされる際に必要となる旅程管理主任者証をTrue Japan Tourから発行致します。

こちらからお申込みください

必須お名前
必須フリガナ
必須メールアドレス


確認の為、もう一度入力してください。

必須住所

-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

必須携帯電話番号

- -

必須会員区分

*IJCEE(日本文化体験交流塾)の会員でない方は「一般の方」をお選びください。

必須生年月日

必須お申込み研修を選択

必須受講資格のご確認

 

  1. 旅行業または旅行業者代理業の登録を取り消され、その取り消しの日から5年を経過していない者。
  2. 禁錮以上の刑または旅行業法違反で罰金刑に処せられ、その執行が終わりまたは執行を受けることがなくなった日から5年を経過していない者。
  3. 申請前5年以内に、旅行業務に関して不正な行為をした者。旅行業務についての取引で、旅行者から金銭をだまし取った行為や、横領等の行為を行った者をいう。
  4. 暴力団員等
  5. 営業に関し成年者と同一の行為能力を有しない未成年者で、その法定代理人が上記の①~③の一つに該当するもの。
  6. 成年被後見人、被保佐人である者又は破産者で復権を得ていないもの。
必須本研修の確認事項

 

  1. 旅程管理研修を受講する際、原則として集合時刻以降は欠席とみなし、受講及び修了試験の受講資格は無効となること。(ただし、電車の遅延等の場合、公的に証明する書類を入室時に提出したものに限り、集合時刻から30分以内の受付を除く。)
  2. 本研修を修了した後に、主任者証の発行を希望する場合は、研修当日に横2.5cm×縦3.0cmの顔写真を持参すること。または研修当日までにTrue Japan Tour株式会社へメールで添付、または郵送すること。
  3. 本研修を修了した後に、主任者証の発行を希望する場合は、通訳案内士団体「日本文化体験交流塾」に入会が必要であること。
  4. 国内旅程管理研修修了証の受領には「旅行業法科目」「旅行実務科目」の双方で60点以上取得すること。
  5. 本お申込み後、キャンセルをされる際には、キャンセル日に合わせて以下の通りキャンセル料を頂戴します。まだお支払を頂いていない場合でも、キャンセル料を申し受けます。
  • お申し込み完了後~研修実施日より15日前:一律500円
  • 研修実施日の14日前~研修実施日の3日前:受講料の20%
  • 研修実施日の2日前:受講料:受講料の50%
  • 研修実施日の1日前以降:受講料100%(返金はございません)

研修講師のご紹介

【東京校・大阪校】服部豊先生(旅行業法科目担当)

旅程管理主任者(国内・総合) 

 

2009年まで(株)JALパックで約30年勤務。海外添乗員・海外支店・本社人事・販売・CS推進等に従事。

その後、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者としての勤務を終え、 現在は日本添乗サービス協会、True Japan School等で旅行実務法務研修や主に中国人を対象にした旅程管理者各種研修に従事している。

 

(株)ユーキャンの本試験対策講座の指導も務めていた。 中央大学法学部卒。静岡市出身。趣味は大学野球観戦やスキー。上海在勤中は上海国際マラソンにも毎年出場した。

【東京校】ホルト比早子先生(旅行実務科目・添乗実習担当)

 旅程管理主任者(国内・総合) 全国通訳案内士(英語)

 

ニュージーランドに13年間滞在。日本大使館に数年勤務した後、現地で総合添乗員として活躍。帰国後も、国内添乗員、通訳案内士として業務にあたっている。旅程管理の実務に関する指導経験も多数。新日本通訳案内士協会の新人研修における「旅程管理」分野でも講師を歴任。バス添乗実習においても受講生の視点に立った説明で好評を得ている。

  

愛知県出身。ラグビーとワインに関する知識も豊富で、日本ソムリエ協会主催のワインテイスティングイベントでの通訳に複数回従事した経験もある。

【大阪校】太田貴子先生(旅行実務科目・添乗実習担当)

  • 全国通訳案内士(英語)
  • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)

日本文化体験交流塾(IJCEE)新人研修旅程管理講師。関西圏をベースに十数年の実績を有するベテラン実力派ガイド。お客さんに楽しんでもらい、また笑ってもらうことを一番に考え、英語落語を披露することもある。

True Japan Tour株式会社は観光庁長官認定の旅程管理研修登録研修機関です。

 会社名  True Japan Tour株式会社
 本社所在地

 〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 本館B109

 設立年月日  2013年4月1日
 許認可 旅行業(東京都知事登録第2-6782)
人材派遣業(派13-306327)
旅程管理研修登録研修機関(登録研修機関第61号)