通訳案内士試験1次|英語対策講座Intermediate

通訳案内士試験の英語ってこんな科目

True Japan Schoolの「通訳案内士試験 英語対策講座Intermediate」のご受講を検討される前に、英語科目について知っておきたいことをまとめています。

通訳案内士試験の英語科目は単語が重要

これだけは知っておきたい!

  • 100点中70点取得で合格
  • 出題数は30問前後
  • 試験時間は120分と長いが、長文問題なども多く時間は足りない傾向
  • 日本文化の単語を英語で正しく表現したものを選ぶ問題なども出題
  • 文法力・長文読解力・日本文化に対する知識が総合的に問われる
  • 1問あたりの配点が非常に高い問題があるので、局所的な攻略が鍵

こんな問題が出題されます

通訳案内士試験1次試験の英語科目は大きく5つのパートに分かれます。大問1と大問2は長文読解、大問3は英文和訳、大問4は和文英訳、そして大問5が日本事象の知識を問う問題になります。大問1や大問2は「実用技能英語検定」のような長文問題が出題されるので対策はしやすいですが、後半に進むにつれて、通訳案内士試験特有の問題が見られるようになります。ここでは2019年度の大問4・5で出題された問題のサンプルを見てましょう。

大問4 - ガイドとお客様の会話を英訳

次の日本語で書かれた下線部の内容を英語で端的に表現する場合、最も適切なものはどれか。それぞれ一つ選びなさい。

A: 日本全国の名物を食べたいのですが、遠いとなかなか行けませんよね。

B: そういう時は、百貨店の物産展とか食フェスに行けばいいと思いますよ。

問題を全部見る

大問5 - 出題単語を適切に説明した選択肢を選ぶ

次の用語を英語で説明する場合、最も適切なものはどれか。それぞれの解答を一つ選びなさい。「杉玉」

①It is incense made from cedar leaves ground into a powder using a water mill. It is characterized by its natural cedar aroma.

問題を全部見る


いかがでしょうか。通訳案内士試験1次試験の英語科目では、語彙力、文法力から日本文化の知識に至るまで様々な能力が試されます。True Japan Schoolの1次英語対策講座では、通訳案内士試験の英語科目突破に必要な力を問題傾向を基に分類し、それぞれのレベルに対応したクラスを3つ設定しています。

True Japan School1次英語対策講座のクラス関係

クリックで拡大します

このうち、本ページの「1次英語対策講座Intermediate」では、文法の正しい知識を身に着けることに特化してカリキュラムや問題作成を講師が行っております。1次試験の英語科目の問題傾向のイメージも演習を通して把握できるのでおススメです。詳しくは以下の「講座ご紹介」をご覧ください。

講座ご紹介

東京校オンライン

講座概要

講座のスタイル・目標

全16回の問題演習形式の講座です。講座では毎回宿題を差し上げます。家で解いて頂き、授業の前半はその解き方のコツを解説します。授業の後半では緊張感の中で取り組む環境に慣れていただくため、その場で新たな演習を解いていただき、すぐに解説と解き方のコツを伝授します。

 

一次筆記試験では確かな読解力と実践的な文法力が求められます。読解力の鍛練では本試験の長文よりは短いながらも噛み応えのある英文に無理なく慣れていきます。英文は前年度の本試験を踏まえた新鮮なものを用意。また、本試験で問われそうな言い回しおよび文法問題もたっぷりと用意します。全16時間の実際の問題形式に基づいた読解と文法演習を通して、本試験と同等のレベルのAdvancedコースについていける力を養います。英国での面白話も乞うご期待!

講座のスケジュール

通学講座時間帯 15:15~17:15
  金曜クラス 土曜クラス オンライン
第1回 3月6日 3月7日 3月19日
第2回 3月13日 3月14日 3月26日
第3回 3月20日 3月21日 4月2日
第4回 3月27日 3月28日 4月9日
第5回 4月3日 4月4日 4月16日
第6回 4月10日 4月11日 4月23日
第7回 4月17日 4月18日 4月30日
第8回 4月24日 4月25日 5月7日

この先生が担当します!

 

安河内志乃 先生

  • 東京校 1次英語Intermediate Advanced 担当
  • 東京校 2次模擬面接演習 担当
  • 全国通訳案内士(英語)
True Japan Schoolの創成期(初年度)に2次試験対策を山口和加子氏と二人で担当し、受験生全員をみごと合格させた伝説の講師です。以降も毎年、通訳案内士試験の1次受験から最終合格まで一貫して指導し多くの受験生を合格に導いています。英国在住時代にケンブリッジ英検のCPE(最上級)取得。その後英語を教えるmethodology(方法論)を英国で学び、同英検の英語教師資格であるCEELT(Cambridge Examination in English for Language Teachers)をAAA(満点)で取得。[欧州の英語教師が目指す資格ですが、日本人でこの資格を持つ英語教師はほとんどいません] 「精緻な問題分析、的確で体系的な指導、美しい発音」の三拍子に加え、神話、歴史、ポップカルチャーなど広範囲に及ぶディープなオタク知識を駆使する授業は「面白い!試験だけではなくガイドになってからも役立つ!」と多くのファンがいます。