TOP > 旅程管理主任者とは > 【関東】国内旅程管理研修(講義)


【関東】国内旅程管理研修(講義)


概要

旅程管理業務を行う主任者証を発行する為に必要な「国内旅程管理研修修了証」を取得する為の研修を実施します。

旅行業法科目及び旅行実務科目の修了試験にて60点以上を取得した方に「国内旅程管理研修修了証」を発行致します。

 



タイムテーブル


-1日目-

開始時間

終了時間 概要
9:00 12:00 旅行業法科目・講義①
12:00 12:45 昼休憩
12:45

13:45

旅行業法科目・講義②

13:45

14:15 旅行業法科目・修了試験     

14:15

18:30 旅行実務科目・講義①

-2日目-

開始時間

終了時間 概要
9:00 12:00 旅行実務科目・講義②
12:00 12:45 昼休憩
12:45 18:00 旅行実務科目・講義③
18:00 18:30 旅行実務科目・修了試験     

注1 上記日程は変動することがございます。予めご了承ください。

注2 原則として上記の集合時刻以降は遅刻とみなし、欠席扱いとします。ただし、電車の遅延等の場合、公的に証明する書類を入室時に提出したものに限り、集合時刻から30分以内は出席扱いとします。


講師紹介


講師: 服部豊(旅行業法科目担当)

 

2009年まで(株)JALパックで約30年勤務。海外添乗員・海外支店・本社人事・販売・CS推進等に従事。
その後、日本旅行業協会(JATA)法務室、同消費者相談室責任者としての勤務を終え、 現在は日本添乗サービス協会、True Japan School等で旅行実務法務研修や主に中国人を対象にした旅程管理者各種研修に従事している。

(株)ユーキャンの本試験対策講座の指導も務めていた。 総合旅行業務取扱管理者・行政書士等資格。 中央大学法学部卒。静岡市出身。趣味は大学野球観戦やスキー。上海在勤中は上海国際マラソンにも毎年出場した。

講師: ホルト比早子(旅行実務科目担当)

 

通訳案内士(英語)

 

ニュージーランド日本大使館に数年勤務した後、現在までに旅行会社で総合添乗員として国内を多く回る。ラグビーとワインに関する知識が豊富で、日本ソムリエ協会主催のワインテイスティングイベントでの通訳に複数回従事した経験あり。

資格取得者の声

 

大変中身の濃い、有意義な研修でした。歯切れの良い話し方で楽しく講義をしてくださった服部先生、又、ホルト先生からは、親身な細やかなご指導を通し、添乗員というお仕事の大変さ、大切さを体得させていただきました。研修ではペーパーテストもあり、合格点をとるために私は理解し記憶することが大変でしたが、熱心な仲間たちと、楽しく有意義な研修を無事終了することができました。TJTの先生方・スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

 

 

服部先生の講義では、難しい用語を一切使わず、簡単な例で紹介して頂いた為、特別補償などの考えがストンと理解することができました。ホルト先生の実務でも、先生自身が添乗した際に使用した書類を見せながら説明されるので、とても実際の動きがイメージしやすかったです。

 

 

今回の研修で主任者証(添乗員資格)をゲットできましたが、その資格の不要な個人のお客様や小グループをご案内する時にも役に立つヒントやコツを得ることができました。

 

 

法令から実務、実際のお仕事まで幅広く学ぶことができました。ありがとうございます。バス研修は、ガイド・添乗員の仕事が大変だと感じるとともに、ご一緒した方々や、研修を行った街から新たな気づきを頂き、本当に刺激的でした。


会場アクセス


105-0011

東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 B1階 109号室

注1 当日の機会振興会館内の講義室のご案内は事前にメールにてお送り致します。